その他のスポーツ

冬季国体へ 岡山県の選手団の壮行式

冬季国体へ 岡山県の選手団の壮行式

1月29日に青森で始まる冬季国体に出場する岡山県の選手団の壮行式が開かれました。

八戸国体には、岡山県から、フィギュア、ショートトラック、アイススケートの3種目の選手34人が出場します。
壮行式では選手証が交付され、旗手を務めるフィギュアスケート少年男子の三宅星南選手に、団旗が手渡されました。
フィギュアスケート少年女子に出場する三宅咲綺選手は、昨年暮れの全日本選手権で12位に入っていて、国体での活躍にも期待がかかります。
冬季国体は1月29日から2月2日まで、青森で開催されます。

桃田選手マレーシアで交通事故 顔負傷

バドミントンの東京五輪代表入りを確実にしている三豊市出身の桃田賢斗選手が13日、遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれ、ケガをしました。
ほかにも1人が死亡し日本人コーチを含む3人が負傷しています。

事故は13日早朝、首都クアラルンプール近郊で発生し、桃田選手らを乗せた車が前方を走行していたトラックに衝突したとみられています。
日本バドミントン協会によりますと桃田選手が乗っていた車の運転手が死亡し、桃田選手が全身打撲やあごや唇などを切るケガをしたということです。
地元の消防によりますと鼻を骨折したとの情報もあります。
また同乗していた日本人コーチを含む3人が負傷しているということです。
桃田選手はバドミントン男子シングルス世界ランキング1位で、前日にクアラルンプールで開催されたマレーシア・マスターズで優勝したばかりでした。
桃田選手らを乗せた車はクアラルンプール近郊の国際空港に向かっていたということで地元当局などが事故の原因を詳しく調べています。

岡山武道館 「寒げいこ」

岡山武道館 「寒げいこ」

冬の寒さが厳しくなる寒の入りの時期にあわせて、毎年恒例の「寒げいこ」が、岡山市北区の岡山武道館で行なわれています。

午前6時から始まった「寒げいこ」には、剣道や柔道の愛好者約140人が参加しました。
岡山武道館での寒げいこは、心身を鍛錬し互いの親睦を深めようと毎年開かれています。
8日朝の岡山の最低気温は7.3度と4月上旬並みの暖かさとなりましたが、小学生から80代までの幅広い世代が参加して、それぞれが自分の技を磨いていました。
岡山武道館での寒げいこは12日まで続き、13日には鏡開き式が行われます。