その他のスポーツ

山陽女子レディースカップ ルーキーが初優勝

女子プロゴルフのステップ・アップ・ツアー山陽新聞レディースカップは最終日を迎えルーキーの河本結選手が初優勝しました

決勝ラウンドには2日間の予選を勝ち抜いた51人の選手が出場しました。
優勝争いを演じたのは河本結選手と林菜乃子選手の今年プロテストに合格した2人のルーキー。
最終18番ロングホールでここまで1打リードの河本選手が第2打をグリーンに乗せて優勝に大きく近づきます。
しかし林選手も2メートルのバーディーパットを先に沈めてこの時点で13アンダーとし河本選手に並びます。
それでも最後は短いバーディーパットを沈めた河本選手が通算14アンダーで初優勝、今年の瀬戸内の女王の座に就きました。

山陽新聞レディースカップ開幕

女子プロゴルフのステップ・アップ・ツアー山陽新聞レディースカップが玉野市の東児が丘マリンヒルズゴルフクラブで開幕しました。

若手女子ゴルファーの登竜門として、今年で9回目を迎える山陽新聞レディースカップです。
今年プロテストに合格した新人やアマチュアを含む108人の選手が出場しています。
賞金総額は2千500万円で、優勝者にはステップ・アップ・ツアーでは最高ランクの賞金450万円などが贈られます。
選手が正確なショットを見せると、ギャラリーからは歓声と拍手が沸いていました。
大会は16日までの3日間の予定で、RSKテレビでは、15日午後3時半から特別番組「山陽新聞レディースカップ~瀬戸内から世界へ~」を放送します。

聖火リレー実行委員会設立

2020年の東京五輪の聖火リレーで、香川県のルートなどを検討する実行委員会が設立されました。

聖火を一目見ようと集まった多くの人。
前回の東京五輪の、香川県での聖火リレーの写真です。
56年ぶりの2020年の聖火リレーは、香川県では4月18日と19日に行なわれます。
10日設立された香川県実行委員会は、知事や各種団体のトップで構成され、県内のルートを検討します。
会議は非公開で、参加者からは、「できるだけ多くの地域をまわってほしい」などの意見が出たということです。
実行委員会は、市や町の意向を踏まえ年内にルートを取りまとめる方針です。