その他のスポーツ

ドミニカ共和国 岡山で東京五輪事前合宿

ドミニカ共和国のバレーボール女子代表チームが、2020年の東京五輪の事前合宿を、岡山市で行うことになりました。

ドミニカ共和国はバレーボール女子の世界ランキング10位の強豪で、2020年1月の北中米予選での東京五輪出場を目指しています。
2019年9月のワールドカップ直前には、代表チームが岡山市で事前合宿を行ない、岡山シーガルズとの練習試合や、地元の小学生とのバレーボール教室などを行ないました。
その際の受け入れ体制などが評価され、10月、ドミニカ共和国のバレーボール連盟と岡山県と岡山市などとの間で、出場した場合の事前合宿の協定が結ばれたということです。
岡山市は東京五輪事前合宿の誘致活動を進めていて、受け入れ決定はこれで7件目になります。

世界パラ陸上 佐藤友祈選手が金メダル

世界パラ陸上 佐藤友祈選手が金メダル

ドバイで行われている世界パラ陸上の男子400m車いすのクラスで、岡山市在住の佐藤友祈選手が金メダルを獲得し、東京パラリンピックの代表に内定しました。

4位以内で東京パラリンピックが内定する世界パラ陸上。
3連覇を狙う佐藤友祈と56歳大ベテランの伊藤智也が、男子400m車いすのクラスで激しいレースを繰り広げました。
黄色い車いすの佐藤は最後の直線で抜群の伸びを見せ、後続を突き放して見事大会3連覇を達成。
東京パラ代表に内定しました。

ソフト男子日本リーグ 平林金属が優勝

ソフト男子日本リーグ 平林金属が優勝

ソフトボール男子の日本リーグ決勝トーナメントで岡山市の平林金属が2連覇を達成しました。

優勝決定戦でデンソーと対戦した平林金属は、序盤からリードを奪うと、5回には、今年限りで引退を決めている井上のソロホームランで突き放します。
エースの松田がデンソー打線を抑え、投打がかみ合った平林金属が7対0でデンソーを下し、2年連続5回目の優勝で今シーズン最後のタイトルをものにしました。