その他のスポーツ

岡山・東区で全日本空手道選手権大会

全日本空手道選手権大会が岡山市東区で開かれ、小学生から60代までが鍛錬の成果を競い合いました。

この大会は、岡山県で3年前に設立され、国内外に約4000人の門下生を持つ「日本傳少林寺流滴水會舘」が開いたものです。
小学生の部から一般の部までの男女が日ごろの鍛錬の成果を競いました。
一本を取り合う「組手」の試合では、選手たちが鋭い声を発しながら気迫あふれる表情で技を掛け合っていました。

岡山城周辺でキャッスル・ミニマラソン

岡山城や後楽園周辺を走る恒例のミニマラソン大会が24日朝、開かれました。

早朝の旭川河川敷に、小学生から80代まで700人を超える市民ランナーが集まりました。
走ることを楽しもうという「ライト電業キャッスル・ミニマラソン」です。
午前8時前、相生橋のたもとからスタートしました。
旭川沿いを走る約4キロのコースです。
早朝の景色を楽しみながらランナーはさわやかな汗を流し、完走を目指しました。

マンホールに地元チーム

地元のプロスポーツを盛り上げようと、ファジアーノ岡山と岡山シーガルズのマスコットをあしらったマンホールが岡山市に設置されました。

2つのチームの本拠地、県総合グラウンド近くの歩道にひときわ目立つマンホールが取り付けられていきます。
岡山名産のきび団子を手にしたファジアーノのファジ丸や、岡山城を背景にポーズをとるシーガルズのウィンディーなど、10種類あります。
スポーツを身近に感じるきっかけにと、岡山市とチームが企画したもので、岡山の観光PRにもつながればと期待されています。
岡山市では、チームと意見交換をして、ファン獲得のイベントなどを企画したいと話しています。