その他のスポーツ

新田佳浩選手に岡山県民栄誉賞

 平昌パラリンピッククロスカントリースキーで、2つのメダルを獲得した岡山県西粟倉村出身の新田佳浩選手に、岡山県民栄誉賞が贈られました。

岡山県の職員らが大きな拍手で出迎えます。
6大会連続でパラリンピックに出場した、新田選手です。
新田選手は、先月行われた平昌パラリンピックのクロスカントリー男子10kmクラシカルに出場しました。
スタート直後、バランスを崩し転倒してしまいます。
それでも、巻き返しを図ろうとする懸命な姿を妻と2人の息子が見守ります。
最後まで力強い滑りを見せ、2大会ぶりの金メダルを獲得。
さらに、スプリントクラシカルでも銀メダルという快挙を成し遂げました。
県民に大きな希望と感動を与えたとして贈られた、岡山県民栄誉賞です。
2010年のバンクーバーパラリンピック以来、2度目の受賞です。
約250人が出席して開かれた、祝う会です。
直接、村民たちに感謝の思いを伝えました。
次のパラリンピックを目指すかはまだ決まっていませんが、新たな目標があるといいます。

おかやまマラソン ポスターなど掲示

11月に行われるおかやまマラソン2018のランナーの応募を呼びかけるポスターなどが、岡山市中心部のショーウインドーに掲示されました。

岡山市北区のオフィスビルに、おかやまマラソン実行委員会のスタッフが訪れ、ショーウインドーにポスターなどを張っていきました。
掲示されたのは、今月11日から始まるランナー募集のポスターや過去3年間の完走メダルなどで、11月11日に行われる大会を広く知ってもらうのが狙いです。
去年の大会には約1万6000人が参加し、4回目の今年もほぼ同じ数のランナーを募集します。
おかやまマラソンは、今月11日から岡山市民らを対象にした優先枠が、また、19日からは一般枠のランナーの募集が始まります。

中学生男子ソフト 岡山県選抜が優勝

「都道府県対抗全日本中学生男子ソフトボール大会」が新見市で開かれ、岡山県選抜が2年ぶりの日本一に輝きました。

新見市のピオーネ球場で行われた決勝で、岡山県選抜は広島県選抜と対戦しました。
1回に1点を先行された岡山ですが、2回に同点に追いつきます。
その後は毎回ランナーを出しますが、なかなか得点に結びつきません。
しかし、5回に勝ち越しに成功すると、6回、7回に追加点をあげて広島を突き放し4対2で優勝しました。
岡山県選抜は、2年ぶり5回目の日本一です。