その他のスポーツ

そうじゃ吉備路マラソン

約2万人が早春の吉備路を駆け抜ける
「そうじゃ吉備路マラソン」が総社市で開かれました。

午前9時、10キロの部からスタートしました。
そうじゃ吉備路マラソンは
中四国最大規模の市民マラソンです。
今年は7つの種目にこれまでで最も多い
1万9855人が参加しました。
ハーフマラソンには埼玉県庁の川内優輝選手や
青山学院大学の秋山雄飛選手が出場しました。
ランナーは備中国分寺五重塔など史跡が並ぶコースを
駆け抜けていきました。
川内選手は2位に入りました。
総社市はマラソン大会を通じて地域の活性化に
つなげたいと話しています。

岡山市人見絹枝スポーツ顕彰 表彰式

郷土出身のランナー、人見絹枝さんにちなんだ岡山市人見絹枝スポーツ顕彰の表彰式が行われました。

岡山市人見絹枝スポーツ顕彰は、国の内外の大会などで特に優秀な成績を収めた個人や団体、指導者を表彰するものです。

今回は、特別スポーツ栄誉賞に6人、スポーツ栄誉賞に49人と5つの団体が選ばれました。

平林金属男子ソフトボールクラブは、去年の全日本総合選手権で優勝したことなどが評価され、2年連続の受賞です。

受賞者には中学生や高校生も多く、将来の活躍が期待されています。

フィギュア田中刑事選手 母校に凱旋

先月のユニバーシアード冬季大会で銀メダルを獲得したフィギュアスケートの田中刑事選手が、母校の岡山理科大学附属高校に報告に訪れました。

倉敷市出身の田中選手が、3年間過ごした学び舎を凱旋訪問です。
校長室では、フィギュアスケート部の後輩から花束を受け取りました。
田中選手は、先月、カザフスタンで行われたユニバーシアード冬季大会で、自己ベストを更新し銀メダルを獲得しました。
高校時代からインターハイで優勝するなど、輝かしい成績を収めてきました。
田中選手は、来月、フィンランドで行われる世界選手権に初出場します。