その他のスポーツ

全国高校駅伝 倉敷高校が優勝報告

3学期のスタートに、母校で嬉しい報告です。
全国高校駅伝で初めての栄冠を手にした倉敷高校の優勝報告会が、始業式に続いて行われました。

39年連続で全国高校駅伝に出場し、初めて優勝旗を手にした倉敷です。
勝又監督と選手が大きな拍手で迎えられました。
報告会では畝選手が感謝の言葉を述べました。
守屋校長は「感動した、ありがとう」と選手の活躍をたたえました。
生徒からも喜びの声が聞かれました。
喜びもつかの間、前田選手や畝選手らは、今月22日に広島市で開かれる全国都道府県対抗駅伝の出場を控えています。
優勝を経験して一回りも二回りも成長した選手たちは、新たな目標に向けてスタートを切りました。

110番の日 荻田大樹選手が一日指令長

1月10日は、110番の日です。
香川県警では、リオオリンピックに出場した荻田大樹選手が、110番の適切な利用を呼びかけました。

棒高跳びの荻田大樹選手です。
香川県警の一日通信指令長に就任し、啓発ビデオの撮影に臨みました。
荻田選手は去年のリオデジャネイロオリンピックに香川県勢としてただ一人、3大会ぶりに出場しました。
香川県では去年、110番通報で警察が出動した約6万9千件のうち22.6%が緊急性が無かったことから、荻田選手は緊急時以外は♯9110の相談窓口にかけることなどを呼びかけました。
10日撮影された映像は、香川県警のホームページで見ることができます。

全国準優勝 就実高校が岡山へ

全国約6400校の頂点を決める全日本バレーポール高校選手権・女子で準優勝した岡山の就実が、地元に帰り、大勢の人の出迎えをうけました。

午後3時ごろ、岡山駅に戻ってきた就実高校の選手たちです。夢の大舞台で戦った選手たちは大勢の仲間らに出迎えられ、準優勝の喜びを分かち合いました。東京で行われた決勝戦。相手は連覇を狙う東京の下北沢成徳でした。21大会ぶりの優勝を目指す就実は、強烈なスパイクを次々と浴びますがレシーブ重視の基本に忠実なプレーで挑みます。第1セットを取られた後も力強い粘りを見せますが、相手の高さにはばまれストレート負け。悲願の優勝には届きませんでした。それでも選手たちには温かい拍手が贈られ、チームの健闘を称えました。
悔しさをばねに、それぞれが次の新たな目標へ進んでいきます。