その他のスポーツ

全国大会目指し小学生ドッジボール選手権

全国大会をめざしドッジボールの小学生岡山県ナンバーワンを決める大会が赤磐市で開かれました。

今年で28回目となる春の全国小学生ドッジボール選手権には岡山県内の小学校から16チーム、約400人が参加しました。
試合は1試合5分間で何人残るかを競い岡山県ナンバーワンのチームを決めます。
日頃の練習の成果を発揮して繰り広げられる子どもたちの戦いに保護者から熱い声援がおくられていました。
優勝したチームは岡山県代表として来月三重県で開かれる全国大会に出場します。

柳田孔明選手を武蔵川親方が訪問

この春、岡山の高校生が相撲の世界に進みます。
高松農業高校レスリング部の柳田孔明選手のもとに、師匠となる武蔵川親方が、あいさつに訪れました。

高校の校長室を訪れた、元横綱・武蔵丸の、武蔵川親方です。
親方は中学3年の時に、柳田選手と出会ってから指導を続け、去年からは体験入門させるなど、相撲に慣れさせてきました。
相撲経験の全くない柳田選手をスカウトしたのには、理由がありました。
柳田選手は、レスリング歴わずか2年で、去年秋の国体で準優勝など、頭角を現してきました。
憧れの相撲道にまい進する決意を、親方に語りました。
柳田選手は、早ければ来月の春場所で、初土俵を踏むことになります。

ファンランと海外枠拡大へ

岡山の街を1万6千人が走るおかやまマラソンが、今年は11月10日に決まりました。
ファンランと、去年、設けられた海外からの優先枠が拡大されます。

今年のおかやまマラソンは11月10日の日曜日に開かれます。
岡山市北区で開かれた総会で正式に決まりました。
去年初めて設けられた海外枠は、マラソンが150人から250人に拡大され、ファンランと合わせて300人に増えました。
定員は、マラソンが去年と同じ1万5千人、5.6kmのファンランは100人増えて1400人になります。
ランナーの募集受け付けは、4月10日の岡山市民県民優先枠から順次始まります。