その他のスポーツ

おかやまマラソンPR 懸垂幕など設置

おかやまマラソン2018まであと1か月です。
11日朝、JR岡山駅の周辺に大会をPRする懸垂幕などが設置されました。

JR岡山駅前の啓発塔に懸垂幕が掲げられました。
1か月後に開かれるおかやまマラソン2018を、より多くの人に知ってもらい、大会を盛り上げようと設置されたもので、7月の豪雨災害への支援に対する感謝のメッセージも盛り込まれています。
また、大会をPRするフラッグ=旗も街灯の柱に取り付けられました。
縦150cm・横60cmで、大会当日にランナーが走る桃太郎大通りと市役所筋のあわせて、104か所に設置されます。
おかやまマラソン2018は11月11日に開かれ、1万6300人が岡山の街を駆け抜けます。

ハンガリーから カヌー代表が事前合宿

2020年の東京五輪にむけて、東ヨーロッパ、ハンガリーからカヌーの代表候補が坂出市で事前合宿を行っています。

坂出市の府中湖カヌー競技場で合宿を行っているのは、ハンガリーのカヌーチームの選手とコーチ15人です。
香川県と坂出市は、今年6月、ハンガリーカヌー連盟と、東京五輪に向けた事前合宿の実施に関する覚書を締結しています。
今回の事前合宿は、練習環境などの確認に重きを置いています。
ハンガリーは、五輪や世界選手権で多くのメダリストを出しているカヌー強豪国です。
今回の合宿にも、東京五輪の代表入りが有力視される選手が参加しています。
ハンガリーカヌーチームは、2020年までに複数回、事前合宿を坂出市で行う予定です。

高橋大輔選手 復帰戦

倉敷市出身のフィギュアスケーターで、バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔選手が、兵庫県で行なわれた近畿選手権に出場しました。
引退を表明して以来4年経っての復帰戦です。

7日のショートプログラムでいきなり首位に立った高橋大輔選手です。復帰戦をひと目見ようと、満員の観衆がスタンドに詰めかけました。
4分間のフリーの演技。
最初に組み込まれたのはコンビネーションジャンプ!鮮やかに成功させます。
ところが、その後はジャンプの着氷に失敗したり予定していたジャンプを跳べなかったりと、4年間のブランクのせいか高橋選手らしくないミスが続きます。
それでも、かつて世界一と賞されたステップではさすがの表現力を見せて観衆を魅了します。
体と気持ちの調整がまだまだという高橋選手はきのうのショートから2つ順位を下げて復帰戦は3位。
しかし、演技後の表情に暗さはありませんでした。
高橋選手は来月の西日本選手権に出場し、12月の全日本選手権出場を目指します。