その他のスポーツ

おかやまマラソン 11月12日開催決定

おかやまマラソン2017が今年11月12日に開催されることが決まりました。
ファンランのコースなどが変わります。

今年は11月12日・日曜日に開催が決まり、ファンランのコースは、距離が5.6kmと、去年より約1km延びました。
ゴールはこれまでの岡山市役所からシティライトスタジアムに変更されます。
さらにファンランの人気が高いことから定員が200人増えました。
大会のスペシャルアンバサダーは、有森裕子さんが、アンバサダーには、山口衛里さんが3年連続で務めます。
参加者の募集は、岡山市民県民優先枠が4月12日、一般枠が4月20日から始まる予定です。
またおかやまマラソンによる去年の経済波及効果は、14億7000万円で、第1回大会より6千万円ほど上回ったということです。

有森裕子さん 「笠岡応援大使」に就任

オリンピック女子マラソンで2大会続けてメダルを獲得した岡山市出身の有森裕子さんが、「笠岡応援大使」に就任しました。
スポーツや教育分野などで助言していく予定です。

9日朝、有森裕子さんが笠岡市役所を訪れました。
笠岡応援大使は市の魅力発信の役割を担うものです。
有森さんが、5年前に笠岡市で開かれたマラソン大会に出場したことなどが縁で、初めての大使に選ばれました。
さっそく、有森さんは船に乗り込んで笠岡諸島の北木島に向かいました。
スポーツ振興策の一つとして、陸上競技の合宿を島に誘致することを目指しています。
有森さんは、バスの中からランニングコースの状態を視察しました。
人口減少や高齢化などの課題を抱える笠岡市です。
活性化につながればと有森さんに期待を寄せています。
有森さんは、今後、笠岡市で開かれるスポーツのイベントなどにも参加する予定です。

香川大附属小 リズムダンス優勝を報告

リズムダンスの全国コンクールで最優秀賞を受賞した、高松市の香川大学附属小学校の児童たちが、高松市役所に報告しました。

高松市の大西市長を訪問したのは、香川大学附属高松小学校4年生のダンスチーム「わかちあい」です。
昨年末に東京で開かれた、全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクールの自由曲部門に出場しました。
コンクールでは、児童も振り付けを考えたダンスを発表し、出場14校の中から最優秀賞の「文部科学大臣賞」を受賞しました。
大西市長は「この経験は一生の財産になると思います」と祝福してました。
全国コンクールは4回目で、香川県の学校が最優秀賞を受賞するのは初めてです。