その他のスポーツ

天満屋の重友梨佐選手 27位

世界陸上ロンドン大会の女子マラソンに6日天満屋の重友梨佐選手が出場しました。
母親も現地入りし共に臨んだ3度目の世界の舞台でしたが、結果は惜しくも27位と入賞はなりませんでした。

5年前のオリンピック、前回の世界陸上に続き3回目の世界の舞台に立った重友です。
ロンドンは初マラソンの地でもあります。
92人が一斉にスタートしました。
前半ポルトガルのリベイロが一人飛び出す展開になると、重友は他の2人の日本人選手とともに、第二集団で前をうかがいます。
岡山からは、母親の民恵さんが応援に駆けつけました。
地元備前市からも約100人が声援を送りました。
18km地点まで第2集団の後方につけ堅調な走りを見せていた重友ですが、20kmを過ぎたあたりで、第2集団から遅れ始めます。
中間点を19位で折り返した重友は、79位に終わったロンドンオリンピックでの雪辱を果たしたいと、粘りを見せます。
母親の声・地元の声に応えるように必死で走りぬけた42.195kmです。
しかし、世界の壁は厚く、2時間36分3秒でフィニッシュ、27位と入賞を逃しました。
レース後の懇親会では、抑えていた気持が溢れました。
母親と共に臨んだ舞台で懸命の走りを見せた重友です。
入賞はなりませんでしたが、人々の胸を打つ走りとなりました。

岡山シーガルズ バレーボール教室

岡山シーガルズの選手が夏休みの子どもたちにバレーボールの技術を教える教室が岡山市北区で開かれました。

子どもたちの指導にあたったのは、岡山シーガルズの川畑愛希選手と楢崎慈恵選手らです。
岡山県のスポーツや文化の振興、発展に取り組む「マルセンスポーツ・文化振興財団」が開催したバレーボール教室です。
夏休みの小学生25人が参加し、パスやレシーブのほか、ポジション別の練習方法などを教わり、さわやかな汗を流していました。

重友選手、3度目の世界の舞台に挑む

世界陸上ロンドン大会は、日本時間の5日未明に開幕します。
2大会連続で女子マラソンに出場する天満屋の重友梨佐選手は、応援する母親とともに3度目の世界の舞台に挑みます。

今からひと月半前、重友選手は「世界で戦うための脚」を作ろうと、走り込みをしていました。
場所は、広島県庄原市のクロスカントリーコースです。
起伏の多い場所を走ることで持ち味の粘り強さに磨きをかけました。
その後、アメリカでスピードを磨く練習に取り組んだ重友選手は、今月、ロンドンに入りコースの下見をしました。
ロンドンで42.195キロを走るのは初マラソン、五輪に続いて3回目です。
そのロンドンに向けて、4日朝、岡山空港から天満屋の社員などが参加する応援ツアーが出発しました。
母親の民恵さんの姿もありました。
母親のために、そして自分のためにロンドンで世界に挑む重友梨佐選手です。
世界陸上ロンドン女子マラソンは6日日曜日の午後10時スタートです。