その他のスポーツ

シーガルズ 今シーズンの結果など報告

女子バレーボール・Vリーグの岡山シーガルズが、9日、倉敷市で、今シーズンの結果などを報告しました。
選手たちは、来シーズンへの思いを強くしています。

報告会には、河本昭義監督と新たに加入した5人を含む18人の選手が参加しました。
今シーズン、シーガルズは、2001年に岡山に本拠地を置いて以来、初めてチャレンジリーグへの降格が決まりました。
集まった約200人の前で、来シーズンに向けての抱負を述べました。
会場では、東日本大震災の被災地支援のためのチャリティーオークションも行われ、収益金が山陽マルナカの辻社長に渡されました。
浄財は、復興に役立てられるということです。

2019年ラグビー「W杯」ナンバー交付

2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップを盛り上げていこうというナンバープレートの交付が始まりました。

ラグビーワールドカップ特別仕様のナンバープレートです。
2019年に日本で開かれる大会を盛り上げようと企画されたもので、3日から全国で交付が始まりました。
プレートには、大会のシンボルマークがデザインされています。
交付の手数料は8600円と1万3900円で、さらに寄付金として金額を上乗せをするとボールのマークが追加されます。
岡山県では、これまでに47台分の申し込みがありました。
寄付金は大会会場への輸送力強化などに使われます。

おかやまマラソン出走権付きツアー販売

11月のおかやまマラソン2017に向け、ランナーのための宿泊ツアーの販売が始まり、岡山県庁には懸垂幕が掲げられました。

岡山県庁の正面に、縦15m横1.8mの懸垂幕が掲げられました。
今年11月12日に岡山市中心部で開かれるおかやまマラソン2017は、フルマラソンと5.6kmのファンランの2つのコースで行われます。
今月12日にランナーの募集が始まり、県の内外から、昨年より200人多い1万6200人を募集します。
実行委員会は、3日、県外のランナーに向けマラソンの出走権がついた観光宿泊ツアーの販売を始めています。