その他のスポーツ

卓球・平野早矢香選手 次世代にエール

卓球・平野早矢香選手 次世代にエール

リベッツで盛り上がる岡山の卓球シーンにさらなる援軍です。
ロンドン五輪団体銀メダリストの平野早矢香さんが、卓球に励む高校生にエールを送りました。

男女を通じ、日本卓球史上初の五輪メダリストとなった平野早矢香さんです。
部活動に取り組む高校生を応援しようと、大塚製薬が全国で行なっているキャラバンの一環で、就実高校を訪れました。
「鬼の平野」と呼ばれるほど、闘志を前面に出すプレースタイルで知られました。
指導にも熱が入ります。
サーブの体重移動や、レシーブのタイミングを合わせるラケットさばき、また、1球1球に試合をイメージする心構えの大切さを伝えました。
この日、平野さんは講演も行ない、目標を持ちひたむきに努力することの大切さを生徒たちに伝えました。
また、リベッツの活躍で盛り上がる岡山の卓球界にも、期待を寄せていました。
トップアスリートの研鑽の日々の経験が、次の世代を担う選手に受け継がれていきます。

ソフトボール世界選手権準優勝祝賀会

世界男子ソフトボール選手権大会で、日本代表19年ぶりの銀メダル獲得に貢献した、平林金属の選手・監督の祝賀会が岡山市北区で開かれました。

岡山市北区のホテルで開かれた祝賀会には、平林金属の選手・監督ら6人が出席しました。
今年6月、チェコで開かれた世界男子ソフトボール選手権大会で、日本代表として出場した平林金属の選手らは投打に渡る活躍を見せ、日本の19年ぶりの銀メダル獲得に貢献しました。
祝賀会で岡山県ソフトボール協会の原憲一会長は「次は是非、金メダルを」と選手たちを激励しました。
選手たちには、中学生の全国大会で優勝した新見第一中と岡山エンゼルスの選手から花束が贈呈されました。

ECCジュニアカップ 岡山県小学生バレー

ECCジュニアカップ 岡山県小学生バレー

ECCジュニアカップ岡山県小学生バレーボール選手権大会の決勝大会が25日、赤磐市で行なわれました。
小学6年生にとっては、出場できる最後の県大会です。

岡山県のナンバーワンを決める決勝大会には、18日の予選を勝ち抜いた男子・女子・混合の合わせて28チームが出場し、熱戦を展開しました。
男子の部の決勝では、5年生エースの山下を中心とするアリアーレ岡山に対して、多彩な攻撃で圧倒したフォルツァ桜が丘がセットカウント2対0で勝利し、嬉しい初優勝を飾りました。
女子の部Aクラスの決勝は、フルセットまでもつれ込み、大元が比留間のスパイクで先にマッチポイントをつかんだものの、そこから同点に追いついた御野が、筒井の連続サービスエースで逆転勝ち。
激戦を制しました。
大会の模様は、9月1日の午後1時からRSKテレビで放送します。