その他のスポーツ

新見市長杯スキー・スノーボード大会

新見市千屋のいぶきの里スキー場で小学生から高齢者までが参加してスキー・スノーボード大会が開かれました。

いぶきの里スキー場で毎年恒例となっている新見市長杯スキー・スノーボード大会には小学生から高齢者までおよそ70人が参加しました。競技はコースに設置された関門を交互に通過しながら滑る大回転で行われ、参加者はエッジを利かせたターンを繰り返しながら滑り降りていきます。このところの冷え込みで積雪1メートル以上と絶好のコンディションとなったゲレンデで、参加者は日ごろ磨いた技術を披露していました。

小橋絵利子プロと所属契約

目指せ、世界のトップ・プロ。
倉敷市出身の、女子プロゴルファー小橋絵利子選手とRSKが所属契約を結びました。

小橋絵利子プロは、ゴルフの名門校・香川西高から立命館大学に進み、2013年にプロデビューしました。
昨年度は、RSKのテレビ番組「スマイルゴルフ」にレギュラー出演し、同じ年、若手ゴルファーの登竜門であるステップアップツアーで2勝を挙げた他、昨シーズンは、レギュラーツアーにフル参戦しました。
小橋プロは、今シーズンも、3月に沖縄で開かれるレギュラーツアー「ダイキンオーキッドレディス」から出場し、活躍が期待されています。
小橋プロは、「今まで以上に努力を重ね、優勝を目指して頑張りたい。まずは沖縄でベストを尽くし、今年を飛躍の一年にしたい」と抱負を語っています。

岡山駅伝で重友選手ラストラン

岡山市で開かれた晴れの国岡山駅伝に、先月引退を表明した元オリンピックランナー天満屋の重友選手が出場し、現役最後のレースに臨みました。

百間川ランニングコースで開かれた大会には、天満屋の重友選手も備前市のメンバーとして出場し、5区でタスキを受け取りました。粘り強い走りを武器にオリンピックのマラソンなどで活躍した重友選手は今年度末で引退することを表明しています。雪が降りしきる中、ファンの声援を背に6キロを走り切り、地元、岡山で最後の勇姿を飾りました。重友選手は、現役引退後も岡山の陸上界発展のために尽くしたいと話しています。