その他のスポーツ

木村和史選手 丸亀市で調整進む

世界陸上ロンドン大会は今月4日に開幕します。
4×400mリレーの代表に決まった香川県宇多津町出身の木村和史選手が、丸亀市で調整にのぞんでいます。

バトンパスなどを想定した練習です。
丸亀市のPikaraスタジアム。
世界陸上日本代表に選ばれた、木村和史選手です。
宇多津町出身の木村選手が本格的に陸上を始めたのは、高校生からです。
その後、環太平洋大学に進学し現在は四電工に所属しています。
今年6月に開かれた日本選手権の予選で自己ベストをマーク、決勝でも3位に入り4×400mリレーの代表に選ばれました。
100mの桐生選手も取りいれているというチューブを使った練習です。
限界以上の力を引き出せるといいます。
強豪がひしめく舞台で、181cmの長身を生かした走りを武器に自身はもちろん、日の丸のプライドをかけて戦いに挑みます。
木村選手のもとに、日本代表のユニフォームも届きました。
4×400mリレーの予選は、日本時間の12日夜です。

初の世界陸上 四電工の木村和史選手

来月4日開幕する世界陸上ロンドン大会に、香川県宇多津町出身で、四電工の木村和史選手が初出場することが決まりました。

31日朝、宇多津町役場で健闘を誓いました。
香川県宇多津町出身で、岡山市東区の環太平洋大学を卒業し、おととし四電工に入社した木村和史選手です。
6月に行われた、日本陸上選手権の男子400mで3位に入るなど実力を示し、世界陸上男子1600mリレーに選ばれました。
谷川町長から、宇多津町のためにも活躍してくださいと激励を受けた木村選手は、いい結果を出しますと健闘を誓いました。
男子1600mリレーは、来月12日に予選が行われます。

野田樹潤さん映画「カーズ」舞台挨拶

日本人女性初のF1レーサーを目指す美作市の小学生が、東京で、人気映画の舞台挨拶に立ちました。
ディズニー/ピクサーの最新作「カーズ/クロスロード」のヒットを記念したイベントに招かれたものです。

美作市に住む小学6年生の野田樹潤さんです。
F1レーサーだった父親の英樹さんにあこがれ、3歳でレーシングカートを始めました。
11歳で本格的なフォーミュラ・カーに乗り換え、今年4月、F1への登竜門と言われるF4のレースに初出場して見事、優勝しました。
モータースポーツ界のニューヒロイン誕生と、期待が寄せられています。
樹潤さんは、25日、今月公開された映画「カーズ/クロスロード」の東京での舞台挨拶にゲスト出演しました。
映画の主人公、マックィーンは、天才レーサーと評され華々しい活躍をしてきました。
しかし、レース中の大クラッシュという挫折を味わいます。
夢を追い続けるか、新たな道に進むか、運命の決断を迫られるという物語です。
映画を見た樹潤さんは、夢への思いを強くしています。
主人公の諦めない姿勢に自分を重ね合わせたという樹潤さんです。
「F1」という夢にむかって歩み続けます。