その他のスポーツ

岡山市で「BMX」の全国大会

岡山市中心部の空へ、高々と自転車が舞いました。
3年後の東京五輪の新たな種目に採用された「BMX」の技の難易度や完成度を競う初めての全国大会が、3日、岡山市北区で開かれました。

45秒から1分の持ち時間で技を披露し、完成度などを競う「BMXフリースタイル・パーク」です。
2020年の東京五輪の種目に選ばれていて、競技人口は年々増加しているといいます。
3日、岡山市北区で開かれた全日本選手権です。
今後の日本代表の選考にも繋がる初めての全国大会で、約50人が出場しました。
特設コースで繰り出される数々の大技に、訪れた人の目は釘付けです。
岡山からも8人が出場しました。
大きな結果は残せませんでしたが、充実した様子でした。
普段は目にすることのない、日本のトップレベルの選手たちの技です。
中でも特に視線を集めたのは、15歳にして世界7位の実績を持つ京都の中村輪夢選手です。
3年後の東京五輪に向け、ますます加熱するBMXです。
岡山の大会で活躍した選手たちは、さらなる高みを目指しています。

バド桃田選手 2年ぶり日本代表に復帰

バドミントンの男子シングルス元世界ランキング2位で、三豊市出身の桃田賢斗選手が、2年ぶりに日本代表に復帰することになりました。

3日開かれた日本バドミントン協会の会議で決まったものです。
桃田賢斗選手は、去年4月の違法賭博問題発覚を受け、日本代表から外れていましたが、今年5月に試合の出場停止処分が解けた後は、国際大会で5度の優勝を果たすなど勝負強さを発揮していました。
3日まで行なわれた全日本総合選手権では、準々決勝でストレート負けを喫しベスト8止まりでしたが、大会を視察した日本代表のパク・ジュボン監督を始めとする選手強化本部の推薦で選ばれる2人の枠に、桃田選手が入りました。
来年は、世界ランキングのポイントを獲得することが出来る国際大会へ出場することになり、3年後の東京への道が開けたことになります。

玉野光南高校が大塚製薬と協定

スポーツの発展や健康づくりを推進しようと、玉野市の玉野光南高校が大塚製薬と協定を結びました。

玉野光南高校で締結式が開かれ、萱野岳史校長と大塚製薬の前田朋明広島支店長が協定を結びました。
大塚製薬は、全国の高校や大学などと協定を結び、サプリメントの提供や健康、食育に関するセミナーを開催しています。
玉野光南高校に体育科があることなどから実現したもので、公立高校としては全国で初めてです。
玉野光南高校は、協定を通じて生徒たちの健康増進に努めたいと話しています。