その他のスポーツ

おかやまマラソン2017 懸垂幕設置

おかやまマラソン2017の出場者の募集が始まるのを前に、岡山県の内外の人にPRしようと、JR岡山駅前に懸垂幕が掲げられました。

おかやまマラソンの出場者の募集は、4月12日から岡山市民県民優先枠で、20日に一般枠が始まります。
昨年、約5000人の落選者に誤って当選通知を発送したことから、「特定落選者優先枠」も設けられます。
倍率が高いファンランの定員は200人増え、距離を伸ばしてフィニッシュをシティライトスタジアムに変えます。
おかやまマラソン2017は11月12日に開かれ、1万6000人が岡山市街地を駆け抜けます。

中学生男子ソフトボール大会開会式

新見市で、13回目を迎える都道府県対抗全日本中学生男子ソフトボール大会の開会式が行われました。

新見ピオーネ球場には、3連覇をめざす岡山県選抜をはじめこれまでで最も多い19府県の選抜チームが集まりソフトボール日本一をめざします。
選手宣誓では、愛媛の橋本大空主将が、「悔いの残らないようベストプレーで試合に臨みます」と力強く述べました。
大会は、新見市憩いとふれあいの公園で今月27日まで開かれます。

岡山シーガルズ 今季を報告

女子バレーボールのV・プレミアリーグから降格が決まった岡山シーガルズの選手たちが岡山県庁を訪れました。

2001年に岡山に拠点を置いて以来、はじめてチャレンジリーグへの降格が決まった岡山シーガルズです。
河本監督や山口キャプテンなど8人が23日、岡山県庁を訪れ、今シーズンの結果を報告しました。
伊原木知事は、「地域の誇りであるシーガルズが、トップリーグに復帰できるまで、県としても全力で支えていきたい」と激励しました。
シーガルズは、5月の黒鷲旗全日本選抜でシーズンを締めくくります。