その他のスポーツ

渋野選手 さらなる活躍誓う

渋野選手 さらなる活躍誓う

岡山県出身の女子プロゴルファーとして、はじめて、国内のメジャー大会を制覇した、RSK山陽放送所属の渋野日向子選手です。
伊原木知事らに、優勝の喜びを報告し、今後の抱負を述べました。

ニューヒロインとなった渋野選手が訪れたのは、岡山県庁です。
初優勝の快挙を祝福する、横断幕が出迎えてくれました。
5月12日に茨城県で行われた、サロンパスレディス最終日。
渋野選手は、最終組でスタートしました。
アウトの8番。
このパターを沈めて、優勝に近づきました。
たくさんのギャラリーに見守られる中、大会最年少記録で、初優勝を飾りました。
渋野選手を出迎えた、伊原木知事です。
昨年の豪雨で被災した岡山にとって、いいニュースになったと活躍を喜びました。
今大会でさえ渡ったのが、パットです。
知事は、直接教えてもらい、コツを掴んだ様子でした。
渋野選手は、今後の活躍を誓いました。
また、岡山市役所も訪れ、大森市長にも優勝を報告しました。
市長からは、これからも笑顔を絶やさず頑張って欲しいと、激励をうけました。

渋野選手初優勝メジャー制覇の快挙

渋野選手初優勝メジャー制覇の快挙

岡山市出身・RSK所属の女子プロゴルファー、渋野日向子選手が快挙を成し遂げました。
12日まで行われた、女子ゴルフのサロンパスレディスで、最年少で見事ツアー初優勝、メジャー大会制覇です。

11アンダーのトップタイで最終組スタートとなった12日の渋野選手は、アウトの8番、そして9番で連続バーディーを奪い、韓国のペソンウ選手との一騎打ちとなります。
その後、一時リードを許すものの14番で並んで、この16番、2オンに成功しパーをセーブ。
ダブルボギーとなったペソンウ選手を逆転します。
そして迎えた最終18番、ティーショットを打った渋野選手にギャラリーから大声援が贈られます。
しびれるようなプレッシャーの中での、見事4日間を戦い抜いた渋野選手。
20歳と178日、大会最年少記録でツアー初勝利。
さらに、令和最初のメジャー大会制覇という快挙をなしとげました。
ホールアウト後には仲間から祝福を受けた渋野選手、女子ゴルフ界にニューヒロインが誕生した瞬間となりました。

ブルガリア代表 レスリング教室

ブルガリア代表 レスリング教室

東京五輪の事前キャンプを岡山市で行う女子レスリングブルガリア代表の選手らが、レスリング教室を開きました。

五輪選手のコーチが指導するのは、子どもたちです。
岡山市で強化キャンプを行っている、ブルガリア女子代表チームが、地域との交流を目的に開いたレスリング教室です。
東京五輪を目指し、厳しいトレーニングを続ける選手からの指導を、参加した約30人の小中学生は、真剣な表情で聞いていました。
ブルガリア代表チームは、来年7月、再び岡山市で事前キャンプを行い、東京五輪に臨みます。