その他のスポーツ

世界陸上事前合宿 実行委員会が総会

世界陸上北京大会の事前合宿を丸亀市で行う、スウェーデンとデンマークの受け入れ態勢を検討する実行委員会の総会が、香川県庁で開かれました。

実行委員会は、浜田知事を会長に香川県や丸亀市などで構成されています。
スウェーデンとデンマークの選手団は、8月13日から11日間にわたり丸亀市で世界陸上北京大会に向けた事前合宿をします。
両国は、2007年の世界陸上と2008年のオリンピックでも丸亀市で事前合宿をしていて、香川県では、県民挙げての歓迎体制で、東京オリンピックの事前合宿誘致にも繋げたい考えです。
世界陸上北京大会は、8月22日から30日まで行われRSKテレビで放送します。

琴欧州が倉敷市の老人保健施設を訪問

倉敷市の老人保健施設に24日、ちょっとビックリの訪問客です。
身長2mを超える大相撲の元大関・琴欧州、鳴戸親方です。

倉敷市の老人保健施設福寿荘の入所者ら約50人から、大きな拍手で迎えられました。
社会との接点が失われがちなお年寄りを元気づけようと、鳴戸親方と地元の人の縁がきっかけで実現しました。
鳴戸親方は入所者からの質問などに答えた後、施設の職員と相撲対決して会場を沸かせました。
鳴戸親方は、こうした福祉施設での交流会などを通して入所者に元気を贈るとともに、相撲の魅力を改めて伝えていきたいと話しています。

倉敷市でカーリングのチーム立上げを

「氷の上で行われるチェス」と呼ばれるカーリングのチームを、倉敷市に立ち上げようと動きからです。

道具の使い方を指導する小笠原歩選手です。
カーリング女子日本代表としてオリンピックに3大会出場するなど、活躍しています。
倉敷市のスケートリンクヘルスピア倉敷です。
ここを拠点に倉敷芸術科学大学などがカーリングチームの発足を目指しているもので、今回の教室は選手の発掘につなげるのが狙いです。
教室には6歳から63歳の約20人が参加しました。
小笠原選手からストーンの投げ方や、基本的な戦術について指導を受けていました。
このスケートリンクは、去年12月に通年営業を始めました。
中四国地方では岡山市の国際スケートリンクに次いで2か所目です。
カーリングチームの準備委員会は、今年冬のチーム発足を目指しています。