その他のスポーツ

五輪事前キャンプを岡山市で

	 五輪事前キャンプを岡山市で

来年の東京五輪への出場を目指すブルガリアの女子レスリング代表が事前キャンプを岡山市で行うことになりました。
施設や練習相手などの受け入れ環境が高く評価されたということです。

岡山市北区の岡山商工会議所で協定の締結式が行われました。
岡山市がブルガリアのプロヴディフ市と姉妹都市協定を結んでいるほか、岡山市内に施設や練習相手となる強豪選手がいることなどが評価されました。
今回の協定では、岡山市が事前キャンプの練習環境を整備し提供するとともに、ブルガリア側も市民らとの交流に務めることを定めています。
ブルガリアの女子レスリング代表チームは、昨年も岡山市で強化キャンプを行っています。
岡山城で着付けを体験するなど交流を深める中で好印象を持ったようです。
代表チームは、今年も5月4日から岡山市で強化キャンプ中で、締結式に合わせて行われた歓迎式では、岡山の名菓などが選手に贈られました。
今年のキャンプは5月18日まで行われ期間中、子どもたちへのレスリング指導や備前焼の土ひねり体験などで交流を深めたいとしています。

岡山東商VS倉敷商 伝統の一戦

岡山東商VS倉敷商 伝統の一戦

岡山東商業高校と倉敷商業高校が様々なスポーツで競う定期戦が、岡山市北区で開かれました。
66回目を迎えた伝統の一戦です。

開会式には、2000人の生徒が集まりました。
前回の覇者・岡山東商業。
倉敷商業は雪辱に燃えています。
今年は、23対22で、辛くも岡山東商業が制し、優勝を43回としました。
しかし、勝ち負けはそれほど大事じゃないと、選手たちは口をそろえます。

大池選手ら強化指定選手に

大池選手ら強化指定選手に

来年の東京五輪・パラリンピックに向けた、岡山県の今年度の強化指定選手が決まりました。
自転車BMXの大池水杜選手や、卓球の岡山リベッツ勢などが、新たに選ばれています。

岡山県ゆかりの選手をひとりでも多く東京に送り込もうと、県がトレーニングや海外遠征にかかる費用などを補助するものです。
五輪に向けた今年度の強化指定選手は28人で、新たに選ばれたのは、自転車BMXの大池水杜選手や、卓球・岡山リベッツの上田仁選手と森薗政崇選手、それに柔道の環太平洋大学1年、素根輝選手ら11人です。
また、パラリンピックの強化指定選手は8人で、カヌーの山田隼平選手ら4人が、新たに選ばれました。
強化指定選手証の交付式は、6月下旬に行われる予定です。