その他のスポーツ

おかやまマラソンへ ランニングポリス

おかやまマラソンへ ランニングポリス

11月10日に迫ったおかやまマラソン2019に向け、大会本番、コースを走りながら警備に当たる警察官ランニングポリスの訓練が行われています。

岡山市東区で公開された6日の訓練には、岡山県警から選ばれたランニングポリス19人が参加しました。
IPU環太平洋大学の陸上部のコーチが指導にあたり、体に負担がかかりにくい走り方を伝えました。
ランニングポリスは、大会当日、マラソンコースを約15kmの3つ区間に分け、ランナーと一緒に走りながら不審物やテロなどの警戒に当たります。
大会当日は、過去最多の25人のランニングポリスが出動し、ランナーの安全を守ります。

バレーボール女子タイ代表 岡山で合宿

バレー女子タイ代表 岡山で合宿

バレーボール女子のタイ代表が現在、岡山市などで強化合宿を行っています。
5日は岡山市役所を訪れこの時期ならではの歓迎を受けました。

選手に大好評だったのは、岡山名産のブドウ・紫苑やシャインマスカットです。
タイ代表は、11月2日から16日までの日程で強化合宿を行っていて、訪れた監督・選手ら27人を大森市長が出迎えました。
タイは現在世界ランク14位で、2020年1月からは東京五輪出場をかけた最終予選に臨みます。
今回の強化合宿のきっかけを作ったのは、岡山を拠点に活動するVリーグチーム岡山シーガルズでした。
タイには、岡山シーガルズのファンが多く、7月には現地の国際大会に初出場するなど、交流を深めてきました。
タイ代表は7日、赤磐市の山陽ふれあい公園体育館で、岡山シーガルズと公開の練習試合を行います。

神達さんの日本陸連功労章 受章を祝う会

岡山陸上競技協会の神達靖久専務理事の日本陸連功労章の受章を祝う会が岡山市北区で開かれました。

神達靖久専務理事の受章を祝う会には、県内の政財界や教え子など300人が出席しました。
発起人を代表して、岡山陸上競技協会の越宗孝昌会長が今後もさらなる活躍をと挨拶しました。
日本陸連の「功労章」は、日本陸上界の発展に尽力した人に贈られるものです。
岡山市出身の神達専務理事は、棒高跳びの選手として活躍。
1964年の東京五輪では県内の聖火リレーの走者も務めました。
神達専務理事は、指導者としても手腕を発揮したほか、「おかやまマラソン」などの創設にも尽力しました。