その他のスポーツ

佐藤友祈選手に岡山県スポーツ特別顕賞

先月、ロンドンで行われた世界パラ陸上で2つの金メダルを獲得した佐藤友祈選手に、岡山県スポーツ特別顕賞が贈られました。

岡山県庁に到着した佐藤選手は、県の職員に拍手で迎えられました。
授与式では、伊原木知事から岡山県スポーツ特別顕賞の表彰状が手渡されました。
岡山市のグロップサンセリテWORLD-ACに所属する佐藤選手は、世界パラ陸上、車いすの部男子1500mと400mで2冠を達成しました。
佐藤選手は、東京パラリンピックでの金メダルを目指して、スタートの強化に取り組むと話しています。

木村和史選手 丸亀市で調整進む

世界陸上ロンドン大会は今月4日に開幕します。
4×400mリレーの代表に決まった香川県宇多津町出身の木村和史選手が、丸亀市で調整にのぞんでいます。

バトンパスなどを想定した練習です。
丸亀市のPikaraスタジアム。
世界陸上日本代表に選ばれた、木村和史選手です。
宇多津町出身の木村選手が本格的に陸上を始めたのは、高校生からです。
その後、環太平洋大学に進学し現在は四電工に所属しています。
今年6月に開かれた日本選手権の予選で自己ベストをマーク、決勝でも3位に入り4×400mリレーの代表に選ばれました。
100mの桐生選手も取りいれているというチューブを使った練習です。
限界以上の力を引き出せるといいます。
強豪がひしめく舞台で、181cmの長身を生かした走りを武器に自身はもちろん、日の丸のプライドをかけて戦いに挑みます。
木村選手のもとに、日本代表のユニフォームも届きました。
4×400mリレーの予選は、日本時間の12日夜です。

初の世界陸上 四電工の木村和史選手

来月4日開幕する世界陸上ロンドン大会に、香川県宇多津町出身で、四電工の木村和史選手が初出場することが決まりました。

31日朝、宇多津町役場で健闘を誓いました。
香川県宇多津町出身で、岡山市東区の環太平洋大学を卒業し、おととし四電工に入社した木村和史選手です。
6月に行われた、日本陸上選手権の男子400mで3位に入るなど実力を示し、世界陸上男子1600mリレーに選ばれました。
谷川町長から、宇多津町のためにも活躍してくださいと激励を受けた木村選手は、いい結果を出しますと健闘を誓いました。
男子1600mリレーは、来月12日に予選が行われます。