その他のスポーツ

おかやまマラソン 定員超え抽選へ

先月、参加者の募集を始めたおかやまマラソンは、申し込みが定員の1万4千500人を上回り、抽選が行われることになりました。

おかやまマラソンは、先月22日から岡山県に住む人を対象にした優先枠で、また、30日には居住地の制限のない一般枠で募集が始まりました。
その結果、7日夜8時の時点で2つの枠を合わせた希望者が1万4千536人になり、全体の定員の1万4千500人を上回ったため、抽選が行なわれることになりました。
受け付けは今月31日まで続けられ、抽選の結果は優先枠が今月21日に、一般枠は来月29日に通知される予定です。

おかやまマラソン 優先枠に3.5倍

今年11月8日に開かれる第1回おかやまマラソンの岡山県民優先枠が締め切られ、応募は定員の3.5倍に達しました。
30日、一般枠の申し込みが始まり、観光や宿泊とを合わせたプランも売り出されました。

全国から1万5000人の参加者を見込んでいる第1回おかやまマラソンは、今月22日に、岡山県民を対象にした優先枠からランナーの募集が始まりました。
29日、その優先枠の募集が締め切られ2000人の定員に対し、7041人の応募がありました。
優先枠に続いて、30日、一般枠の募集が始まりました。
定員は全部で1万5千人で、超えた場合は抽選になります。
実行委員会には、インターネットでの申し込み方法などについて問い合わせが相次ぎました。
より岡山の魅力を知ってもらおうと、岡山県は全国のランナーを対象に、旅行会社と共同での取り組みを始めました。
倉敷美観地区や湯郷温泉など、岡山県の主な観光地をめぐる8つの宿泊プランがあり、ツアー参加者は抽選なしでマラソンに出場できます。
料金は、1人あたり3万5000円から5万円程度です。
定員は500人で、初日で34件の申し込みがありました。
一般枠の締め切りは5月31日です。

「スーパーフォーミュラ」体感イベント

モータースポーツ「スーパーフォーミュラ」の世界を体感してもらおうというイベントが、岡山市北区で開かれています。

イベントは、5月23日と24日に岡山国際サーキットで行われる「スーパーフォーミュラ第2戦」を前に、多くの人に大会の魅力を知ってもらおうと、岡山市北区のイオンモール岡山で開かれています。
2013年の大会で使われた車が展示され実際に乗り込むことができ、買い物に訪れた子どもたちが選手の気分を味わっています。

このイベントは26日も開かれていて、小林可夢偉選手のトークショーも予定されています。