その他のスポーツ

おかやまマラソン 4月22日からランナー募集

今年11月8日に初めて開かれる「おかやまマラソン」は、4月22日に、ランナーの募集が始まることが決まりました。

実行委員会が開かれ、今後のスケジュールが決まりました。
まず、岡山県に住む人の優先枠が2千人分用意され、その申し込みが4月22日に始まります。
それ以外の人の申し込みは4月30日からです。
「おかやまマラソン」は、岡山市北区の岡山県総合グラウンドを発着点に岡山市中心部などを走ります。
「第一回おかやまマラソン」は今年11月8日で、約1万5千人のランナーが岡山の町を駆け抜けます。

シーガルズ プレーオフ敗退

15日行われたバレーボールV・プレミアリーグで、岡山シーガルズは東レに敗れ、プレーオフ敗退が決まりました。

レギュラーラウンド上位6チームによるプレーオフ、ここまで3連敗と後がない岡山シーガルズは第1セット、川島・山口のクイックなどで得点を重ね、このセットを取ります。
しかし、第2セット序盤から点差を広げられ、流れに乗れず、このセットと続く第3セットを落とします。
第4セットを取り返し、望みをつないだ第5セット、シーガルズは、序盤から3点差をつけ、試合を優位に進めますが、このリードを守りきれません。
結局、セットカウント2対3で敗れ、プレーオフ敗退が決まりました。

世界陸上 女子マラソンに重友選手

今年8月に中国の北京で開かれる世界陸上の女子マラソン日本代表に、天満屋の重友梨佐選手が選ばれました。
悔し涙にくれたロンドンから3年、自ら「遅咲き」と話す27歳が再び世界のひのき舞台に立つことになりました。

重友選手は、今年1月の大阪国際女子マラソンで中間点過ぎまで先頭争いを演じ、日本人トップの3位でフィニッシュしたことが評価されました。
しかし、ここまでの重友選手の歩みは決して順風満帆ではありませんでした。
初めて日本代表として臨んだ3年前のロンドンオリンピックでは79位に終わった重友選手ですが、復活に向けて粘り強く練習を重ねてきました。
8月の世界陸上で8位以内に入った日本人トップの選手は、来年のリオデジャネイロオリンピックの代表に自動的に決まります。
天満屋初の2大会連続オリンピック代表に向けて、そのスタートラインに立った格好です。
世界陸上北京大会は8月22日に開幕します。