その他のスポーツ

倉敷工業、2年連続花園出場決める

       
全国高校ラグビー岡山県大会の決勝が行なわれ、倉敷工業が玉島を下して2年連続の花園出場を決めました。

緑と白のジャージ倉敷工業は、前半4分、敵陣の22mライン付近からバックスがパスをつなぐと、最後はフルバックの山脇がトライ。
試合の主導権を握ります。
その後も得点を重ねる倉敷工業に対し、初の花園出場を目指す玉島も気持ちのこもったタックルなどで応戦しますが、あとが続きません。
サイドが変わった後半も、得点を重ねた倉敷工業が結局38対0で玉島を下し、2年連続の花園出場を決めました。
全国高校ラグビー大会は12月27日から東大阪市の近鉄花園ラグビー場で行なわれます。

開幕前に岡山シーガルズが決意表明

今月末のリーグ開幕を前に、女子バレーボール岡山シーガルズの選手らが岡山市で記者会見に臨み、決意表明をしました。

会見に出席したのは河本監督や、主力選手など10人です。
山口舞新キャプテンを中心に、昨シーズンの3位よりもさらに上の順位を目指します。
昨シーズン終盤に右膝を負傷した、エース栗原恵選手は18日もリハビリ中ですが、その中でもチームで結束して戦います。
岡山シーガルズは、今月30日、岡山市北区の桃太郎アリーナでNECレッドロケッツとの開幕戦です。

空手実業団 倉敷・亀龍園が4連覇

空手の全日本実業団選手権が、17日兵庫県で行なわれ、倉敷市にある亀龍園の介護職員らで作る空手道部が、4連覇を達成しました。

団体の部で勝ち進んだ亀龍園は、決勝で神奈川県の豊鉄筋と対戦しました。
青い帯の亀龍園は、先鋒の石井が引き分けたあと、次鋒の宮本、さらには中堅で主将の茅原が、それぞれ上段からの突きで相手からポイントを奪って、勝利を収めます。
最後まで、このリードを守りきった亀龍園が優勝し、見事大会4連覇を達成しました。
全日本実業団選手権の4連覇は、大会史上初めてということです