その他のスポーツ

全国制覇の倉敷高校 市民が出迎え

23日に京都市で行われた全国高校駅伝の男子で、2年ぶり2度目の優勝に輝いた倉敷高校は、夜に地元にもどり、大勢の市民の出迎えを受けました。

JR倉敷駅で行われた式典では、大勢の市民が選手や監督を拍手で迎え、伊東市長から記念の花束が手渡されました。
豪雨で被災した地元を走りで元気にしたいと臨んだ倉敷です。
3区の、ケニア人留学生キプラガットの豪快な7人抜きや、アンカー・井田の区間賞など持てる力を発揮して、2年ぶり2回目の優勝を果たしました。
女子は、興譲館が8位入賞、初出場の倉敷は12位と健闘しました。

高松北高校 花園へ壮行会

今月27日開幕の全国高校ラグビー大会に香川代表として出場する高松北高校で、壮行会が開かれました。

壮行会には、中学と高校の全校生徒約1000人が集まり、13回目の花園で戦う選手たちを拍手で迎えました。
高松北ラグビー部は、先月4日に行われた、香川県大会の決勝で、観音寺総合を攻守にわたって圧倒し、5年連続となる花園への切符を手にしました。
壮行会では、國木健司校長が「60分間、気合とチームワークで相手を圧倒してください」と激励し、高木涼矢主将が意気込みを述べました。
大会は27日に開幕し、高松北は2日目に岐阜の関商工と対戦します。

地元のスポーツ選手に岡山市体育協会表彰

今年活躍した岡山県のスポーツ選手の功績をたたえようと岡山市体育協会による表彰式が開かれました。

スポーツの普及を目的に活動を続けている岡山市体育協会が、毎年、全国大会などで活躍した選手や団体を表彰しているものです。
今年は、走り高跳びの国際大会で優勝した環太平洋大学の友利響平選手や、春の全国大会で2連覇を果たした創志学園女子ソフトボール部など9人の選手と4つの団体が選ばれ、表彰状が手渡されました。
また、車いす陸上でパラリンピックに出場した松永仁志さんの講演も行われました。
障害者スポーツを志したきっかけなどが紹介され、参加者は聞き入っていました。