その他のスポーツ

平林金属勢に特別スポーツ栄誉賞

平林金属勢に特別スポーツ栄誉賞

世界男子ソフトボール選手権で日本代表の銀メダル獲得に貢献した平林金属の4人の選手に岡山市から人見絹枝スポーツ顕彰の特別スポーツ栄誉賞が贈られることになりました。

特別スポーツ栄誉賞が贈られるのは、平林金属男子ソフトボール部の松田光選手・井上知厚選手・宇根良祐選手・八角光太郎選手です。
4人は、先月チェコで行なわれた世界男子ソフトボール選手権で日本代表の投打の中心として活躍し、19年ぶりとなる銀メダル獲得に貢献しました。
岡山市人見絹枝スポーツ顕彰は、各種競技で優秀な成績を収めた個人や団体などを対象に、表彰を行うものです。
表彰式は、7月12日に岡山市役所で行われます。

ゴルフ渋野選手 ツアー2勝目

ゴルフ渋野選手 ツアー2勝目

西日本豪雨から1年の7日、実家のある岡山市東区が被災したRSK山陽放送所属の渋野日向子選手が、ツアー2勝目を挙げました。
地元に元気を届ける優勝となりました。

首位と2打差の、11アンダー単独2位で最終日をスタートした渋野選手。
一時は首位と4打差まで広がったものの、強気のゴルフを崩しません。
すると、15番で15mのバーディーパットをねじ込んで流れを引き戻します。
トップの韓国イ・ミニョン選手に1打差に迫ると、17番でもバーディーを奪い首位に並んでホールアウト。
勝負は自身初のプレーオフにもつれ込みました。
プレーオフの1ホール目、ダブルボギーと崩れたイ・ミニョン選手に対し、渋野選手は1m弱のパーパットを沈めて勝負あり。
初優勝から56日でのツアー2勝目で、賞金ランクは2位に浮上しました。
昨年、豪雨に襲われた岡山市東区出身の渋野選手です。
災害から1年となる7日、観戦に訪れた母・伸子さんと、ふるさとにツアー2勝目の吉報を届けました。

世界男子ソフト 銀メダル祝う懸垂幕

世界男子ソフト 銀メダル祝う懸垂幕

先月、チェコで行われた世界男子ソフトボール選手権で、岡山市の平林金属の選手などが日本代表として戦い、銀メダルを獲得したことを祝う懸垂幕が岡山市役所に掲げられました。

午前9時、縦7m、横1mほどの懸垂幕が岡山市役所の正面にお目見えしました。
日本代表の準優勝に貢献した、平林金属に所属する4人の選手の名前も記されています。
先月、チェコで行われたソフトボール男子の世界選手権です。
日本代表は2000年の大会以来、19年ぶりとなる銀メダルを獲得しました。
懸垂幕は7月12日まで掲げられます。