その他のスポーツ

おかやまマラソン ランニング教室

おかやまマラソンに参加してもらうきっかけを作っていこうと、初心者を対象にしたランニング教室が岡山市北区で開かれました。

10代から70代のランナー約100人が集まりました。
天満屋女子陸上競技部の山口衛里コーチらの指導の下、準備運動の仕方や理想的なランニングフォームなどを教わりました。
おかやまマラソンに関心をもってもらおうと開かれた教室です。
それぞれのフルマラソンの目標時間に合わせてグループに分かれ、一定の速度で20分のランニングも行われました。
おかやまマラソン2019の一般枠のランナー募集は、5月20日までです。

プロフィギュアスケーター鈴木さんの講演会

女子フィギュアスケートの元日本代表、鈴木明子さんの講演会が岡山市北区で開かれ、現役時代に学んだ健康の大切さについて語りました。

講演は、岡山大学の講師らが最先端の健康情報を伝える「健康フェスタ・イン・岡山2019」の中で行われました。
鈴木さんは、競技への重圧から、拒食症に苦しんだ経験を話しました。
病気の治療ではなく、回復して何をするのか。
前向きに考えたことで、克服できたと言います。
日本を代表するアスリートの言葉に訪れた人は真剣な表情で耳を傾けていました。

黒鷲旗全日本選抜大会の準決勝

バレーボールの黒鷲旗全日本選抜大会の準決勝が、大阪市で行われ、岡山シーガルズが日立リヴァーレと対戦しました。

14年ぶりの決勝進出を目指すシーガルズですが、日立も譲らずに試合は最終第5セットにもつれ込みます。
シーガルズはレフト金田の強打などで一時は3点のリードを奪います。
しかしここから突き放すことができず、日立に逆転を許してしまいます。
この大会を最後に引退を表明している山口も奮闘しますが、最後はその山口の移動攻撃がブロックに捕まり試合終了。
敗れたシーガルズは3位に終わり、山口にとっても最後の試合となりました。
試合後には全選手が山口を胴上げし、17年の現役生活を労いました。