その他のスポーツ

岡山シーガルズ ホーム開幕戦で白星

バレーボールのV・チャレンジリーグI女子の岡山シーガルズが、ホーム開幕戦を迎えました。
集まったファンの期待に応えて白星をあげました。

会場のジップアリーナ岡山には、シーガルズを後押ししようと、大勢のファンが訪れました。

相手はここまでリーグ5位の、大野石油広島オイラーズです。
今シーズンのシーガルズは若手を中心としたメンバーで戦っています。
試合は、第1セットと第2セットを連続で奪い、相手を圧倒します。

ミスからの失点が目立ち、第3セットは落としたシーガルズですが、第4セットはレフトの金田や新人、菱川が躍動。強力なアタックで突き放します。

結局、シーガルズはセットカウント3-1とし、ホーム開幕戦を白星で飾りました。
開幕からの連勝を5に伸ばしています。

26日は、リーグ2位のPFUと対戦します。

障害者サーフィン世界大会に出発

目指すは、世界一です。アメリカで開かれる障害者のサーフィンの世界大会に出場する岡山市中区の男性が、アメリカに向け出発しました。

岡山市中区の、藤原智貴さんです。体が不自由な人の生活を支援する「介助犬」と暮らしています。藤原さんは、8年前、サーフィンをしていて波に飲まれ頸髄損傷で胸から下が自由に動かせなくなりました。
来週アメリカで開かれる障害者サーフィンの世界大会に、日本代表として出場します。
岡山から、世界チャンピオンを目指して。藤原さんの挑戦です。

東京五輪事前キャンプ誘致へ

東京五輪が開催される2020年に、岡山市で事前キャンプが行われることが決まりました。
ブルガリアのバドミントンとスペインの柔道チームで、近く実施に向けて協定が結ばれます。

岡山県の伊原木知事と岡山市の大森市長が発表したものです。
来月、スペイン柔道連盟、ブルガリアのバドミントン協会と協定を結び、2020年に、岡山市の施設で事前キャンプが行われます。
柔道は岡山市東区の環太平洋大学などが、バドミントンは岡山市北区のジップアリーナ岡山などが候補地にあがっていて、早速今月29日からはブルガリアのバドミントンナショナルチームが合宿を行います。
開催まで3年をきった東京五輪です。
今回の決定をはずみに、県と市はより多くの団体を誘致したい考えです。