その他のスポーツ

アジア大会 長迫吉拓選手が金獲得

熱戦が続くジャカルタアジア大会です。
自転車男子BMXでは笠岡市出身の長迫吉拓選手が金メダルを獲得しました。

8人で争うBMXの決勝は25日に行なわれました。
長迫はスタート直後にダッシュを効かせて最初のカーブ手前で先頭に立ちます。
おととしのリオデジャネイロ五輪の後にはトラック種目で世界選手権に出場するなど二刀流の挑戦を続けている長迫は中盤以降も落ち着いた走りを見せ後続を寄せ付けません。
終始トップを守った長迫がこの種目で男女を通じて日本人初の金メダルを獲得しました。
また、26日夜行なわれた陸上の男子400m障害準決勝では玉野光南高校出身の安部孝駿選手が1着となり27日夜行なわれる決勝で金メダルを目指します。

アジア大会陸上 青木益未選手が5位入賞

ジャカルタアジア大会の陸上女子100m障害で、岡山市出身の青木益未選手が5位入賞を果たしました。

4年前のこの大会で予選敗退の悔しさを晴らすため、決勝の舞台に立った青木は右から3人目、第3レーンからいいスタートを切ります。
しかし、自分の中で迷いと不安があったという青木は、力みから中盤以降思うようにスピードに乗れません。
それでも13秒63のタイムで5位入賞を果たした青木は、再来年の東京五輪に向け新たな課題の克服を誓いました。
また、男子400m障害の準決勝に出場した玉野光南高校出身の安部孝駿選手はこの組の1着で、日本時間27日夜の決勝に進みました。

ECCジュニアCUP小学生バレーボール大会

岡山県の小学生バレーボールのナンバーワンを決めるECCジュニアカップの決勝トーナメントが岡山市東区などで開かれました。

大会には、岡山県の79のチームが参加し、先週の予選を勝ちあがった男子4チームと、女子20チーム男女混合の4チームが決勝トーナメントに臨みました。6年生にとっては小学生最後の県大会ということもあり岡山県ナンバーワンを目指し熱い戦いをを繰り広げました。大会の模様は、来月2日の午後1時からRSKテレビで放送します。