県内で初 オリンピック支援自販機設置

2020年の東京五輪を目指す選手を支援しようと、「JOCオリンピック支援自販機」が岡山県で初めて倉敷市に設置されました。

倉敷市の児島マリンプールで、関係者が出席し除幕式が行われました。
この自動販売機は、東京五輪を支援しようとJOC・日本オリンピック委員会とコカ・コーラウエストが共同で設置しました。
岡山県では初めてです。
清涼飲料水を購入すると、1本あたり数円程度がJOCに寄付され、選手の強化や各競技の支援などに活用されます。
支援自販機は、2020年までに全国で3000台設置される予定です。