シーガルズ 今シーズンの結果など報告

女子バレーボール・Vリーグの岡山シーガルズが、9日、倉敷市で、今シーズンの結果などを報告しました。
選手たちは、来シーズンへの思いを強くしています。

報告会には、河本昭義監督と新たに加入した5人を含む18人の選手が参加しました。
今シーズン、シーガルズは、2001年に岡山に本拠地を置いて以来、初めてチャレンジリーグへの降格が決まりました。
集まった約200人の前で、来シーズンに向けての抱負を述べました。
会場では、東日本大震災の被災地支援のためのチャリティーオークションも行われ、収益金が山陽マルナカの辻社長に渡されました。
浄財は、復興に役立てられるということです。