岡山東商業と倉敷商業が伝統の一戦

岡山と倉敷の商業高校がスポーツで競い合う恒例の定期戦が、岡山市北区で行われました。

岡山東商業と倉敷商業による伝統の一戦です。
今年で64回目になります。
ジップアリーナ岡山では、約2000人の生徒が参加して開会式が行われました。
まずは、それぞれの代表がユニークなマイクパフォーマンスで会場を盛り上げます。
このあと、定期戦の名物となっている迫力の応援合戦や、マーチングが繰り広げられました。
大会は夏の高校総体や甲子園を占う前哨戦としても位置づけられていて、バドミントンやバスケットボール、野球など9種目15の競技で生徒たちが熱戦を繰り広げました。