かがわ21世紀大賞 荻田大樹選手に授与

香川県のイメージアップなどに貢献したとして、陸上棒高跳びの荻田大樹選手に「かがわ21世紀大賞」が贈られました。

荻田大樹選手は観音寺市大野原町出身です。
式では香川県の浜田知事から表彰状が手渡されました。
荻田選手は、昨年のリオデジャネイロ五輪に香川県勢として3大会ぶりに出場するなど国際舞台で活躍しています。
先月の大会では世界陸上の標準記録をクリアし、3大会連続の世界陸上出場が期待されています。
今年のかがわ21世紀大賞は、このほか元陸上ハンマー投げの綾真澄さんなどが受賞しています。