倉敷市水島 「いすー1グランプリ」

倉敷市水島の商店街で車輪のついた事務いすに乗って2時間走り続けるロードレース「いすー1グランプリ」が今年も開かれました。
参加者や観客合わせて約7000人が訪れ、熱く盛り上がりました。

激しくぶつかる、いす。
転倒する人もいます。
倉敷市水島の常盤町商店街です。
「いすー1グランプリ」は、地域の活性化につなげようと開かれています。
3回目の大会には、岡山県の内外からこれまでで最も多い82チームが参加しました。
予選を通過した上位40チームが本選に臨みました。
3人1組で、1周約210mのコースを2時間で何周走れるかを競います。
会場には、大勢の観客が詰めかけました。
強い日差しが照りつける中選手たちは必死に足を動かします。
過酷なレースを制したのは、103周=21km余りを走った京都府の運送会社でした。
熱いレースが商店街に元気を届け、町の活気を生み出しています。