おかやまマラソン 1万6137人が走った

おかやまマラソン2017が12日行われ、岡山市街地は熱気に包まれました。
1万6137人が走り、沿道では約16万人が声を枯らして応援しました。

市民が一体となって大会を盛り上げました。
1万6137人が岡山市街地を駆け抜けました。
午前6時。
スタート地点の岡山市北区・ジップアリーナ前です。
今年も、早朝から約5千人のボランティアが大会を支えました。
初めてファンランのコースになった西川緑道公園沿いには給水所が設けられ、多くのランナーが利用していました。
おかやまマラソンの定番になった、おもてなし給食のラーメンと、餃子の屋台、今年も列ができるほどの人気でした。
沿道からの応援は、途切れることなく続きました。
規定の時間になると、ランナーを締め切る関門です。
残り約3km。
ゴールを目の前にしながら、悔し涙をのんだ人もいました。
ランナーは、すでに次のおかやまマラソンを見据えています。
来年も、岡山ならではのおもてなしを続けていくことが発展の鍵となりそうです。