全国高校ラグビーの県大会決勝戦

花園への切符をかけた全国高校ラグビーの県大会決勝戦が岡山・香川で行われました。

岡山県大会の決勝は、去年準優勝の倉敷工業と12年ぶり7回目の優勝を目指す岡山工業の対決となりました。
序盤、岡山工業はフォワードを中心に試合の流れをつかむと、2本のトライを決めて5点リードで前半を折り返します。
追いすがる倉敷工業は後半4分、相手を左右に揺さぶる攻撃から、最後は13番の山下がトライを決めて追いつくとキックも決めて勝ち越しに成功。
さらに終了間際の後半29分にも細かくパスを繋いで最後は加山がトライ。
倉敷工業が4年ぶり5回目の優勝、岡山工業の12年ぶりの花園出場はなりませんでした。
香川大会決勝は4連覇に挑む高松北と、5年ぶり21回目の優勝を狙う、坂出工業の戦いです。
開始5分、高松北は丁寧なパス回しで坂出工業をかわすと1年のセンター牟禮が先制トライ。
その後も連続トライを決め、前半を33対7で折り返します。
後半、流れを変えたい坂出工業。
キャプテン宮下がタックルをかいくぐり、執念のトライ。
しかし逆転はできず、ノーサイド。
高松北が4年連続の花園出場を決めました。
全国高校ラグビーは、来月27日に東大阪市の花園ラグビー場で開幕します。