バド桃田選手 2年ぶり日本代表に復帰

バドミントンの男子シングルス元世界ランキング2位で、三豊市出身の桃田賢斗選手が、2年ぶりに日本代表に復帰することになりました。

3日開かれた日本バドミントン協会の会議で決まったものです。
桃田賢斗選手は、去年4月の違法賭博問題発覚を受け、日本代表から外れていましたが、今年5月に試合の出場停止処分が解けた後は、国際大会で5度の優勝を果たすなど勝負強さを発揮していました。
3日まで行なわれた全日本総合選手権では、準々決勝でストレート負けを喫しベスト8止まりでしたが、大会を視察した日本代表のパク・ジュボン監督を始めとする選手強化本部の推薦で選ばれる2人の枠に、桃田選手が入りました。
来年は、世界ランキングのポイントを獲得することが出来る国際大会へ出場することになり、3年後の東京への道が開けたことになります。