琴平高校で武道対決 なぎなたと剣道

全国でも珍しい、なぎなたと剣道の異種武道大会が香川県立琴平高校で開かれました。

2mを超えるなぎなたと、約140cmの竹刀による勝負です。
琴平高校で行われた異種武道大会です。
今年のインターハイで団体優勝を果たしたなぎなた部と、全国大会常連の剣道部がぶつかります。
リーチの長いなぎなたに対し、剣道はスピードで応戦します。
近くの小学校の児童も見学に訪れ、目の前での熱戦に声援を送っていました。
勝負の結果、間合いを活かして積極的に攻撃を仕掛けたなぎなたに軍配が上がりました。
高校では、今後も武道を授業に取り入れるなど、日本の伝統文化に触れる機会を作りたいとしています。