天満屋の重友梨佐選手が引退会見

女子マラソンのロンドン五輪日本代表を務めた天満屋の重友梨佐選手の引退会見が、岡山市北区で開かれました。
「五輪の舞台は夢だった」、そして、選手生活に悔いは無いと語りました。

天満屋の重友梨佐選手は、2012年のロンドン五輪に女子マラソン日本代表として出場したほか、おととしと今年の世界陸上にも選ばれました。
1月に開かれた大阪国際女子マラソンでは5年ぶりに優勝しましたが、既に引退を決めていたといいます。
現役生活では、地元の応援の声に、いつも励まされていたといいます。
12年間、岡山の期待を背負って走り続けた重友選手です。
3月末で天満屋を退社し、その後は、何らかの形で陸上競技に関わりたいと話しています。