小学生レーサーJujuさん F3試走

美作市に住む日本最速の小学生レーサー、JujuさんがF1を目指してさらにステップアップです。
海外でのレースを見据えて、「F3」のフォーミュラカーを試走しました。

最高時速260kmでサーキットを駆け抜けます。
日本人女性初のF1レーサーを目指す美作市の小学6年生、Jujuさんです。
21日、美作市で「F3」と呼ばれるクラスのフォーミュラカーを試走しました。
これまで乗っていたF4と比べて車体が1割ほど大きく、約1.5倍の重力がかかるF3は、世界共通の規定でレースが行われています。
父親で元F1レーサーの野田英樹さんが見つめる中、軽快にコースを回ります。
Jujuさんは、1時間半の練習で早くもサーキットのコースレコードに迫るタイムを叩き出しました。
一方で、慣れないF3での走りに体力や筋力不足を感じたようです。
険しい山を一歩ずつ登る親子の挑戦です。
見据えるのは、世界の舞台です。
Jujuさんは来年から、海外でのレースを視野に本格的にF3に挑みます。