山陽女子ロードレース大会

師走の岡山市街地を女性ランナーが駆け抜ける山陽女子ロードレース大会が開かれ、ハーフマラソンでは、パウリン・カムル選手が初優勝を果たしました。

午前10時にスタートしたハーフマラソンには、100人余りのランナーが出場しました。
若手の登竜門として知られるレースは、序盤からルートインホテルズのパウリン・カムル選手が先頭集団を引っ張ります。
地元、天満屋の小原怜選手らがくらいついていきますが、パウリン・カムル選手は5キロ付近から早々に集団を抜け出し独走態勢に入ります。
その後もスピードは落ちず、大会新記録の1時間8分4秒で初優勝を果たしました。
2位には、第一生命グループの上原美幸選手が入り、連覇を目指した天満屋の小原怜選手は5位でした。