岡山市クロスカントリー大会

冬のスポーツ振興と子どもたちの体力の向上などを目的としたクロスカントリー大会が、岡山市東区で開かれました。

会場になった岡山市東区西大寺射越の陸上競技場には朝早くから多くの人が集まりました。
大会は、岡山市体育協会などが50年以上前から毎年開いているもので、今年は、岡山市在住の小学生から40歳以上の男女合わせて約1,400人が参加しました。
参加者は、陸上競技場を発着点に、1.5キロから5キロまで吉井川周辺に設けられたコースを走ります。
厳しい寒さの中、爽やかな汗を流していました。
大会の実行委員会では、今後も会を開いて地域の子どもたちなどのスポーツへの親しみを深めていきたい考えです。