同級生12人がフルマラソンに挑戦

津山市の高校3年生12人が、フルマラソンに挑戦しました。
仲間と励まし合いながら自分の限界に挑む、津山東高校体育分野の恒例行事です。

32回目を迎えた津山東高校の「チャレンジ42.195キロ」には体育分野の3年生12人が参加しました。
フルマラソンの体験を通じて自分の限界に挑み、強い精神力を身につけようという恒例行事です。
生徒たちは沿道からの声援を受けながら懸命に走りつづけました。
初めてのフルマラソン。
後半は足の痛みとの戦いです。
苦しみながらも、仲間と励まし合い声援を力に変えてゴールをめざします。
スタートから5時間あまりで12人全員が無事、完走しました。
完走した生徒たちは、仲間との絆を深めるとともに、困難に立ち向かう力も身につけ、間もなく、卒業を迎えます。