平昌パラリンピック開幕 新田佳浩選手

障害者スポーツの冬の祭典、平昌パラリンピックは9日夜、開会式が行われ10日間の熱戦が幕を開けます。

クロスカントリーに出場する、岡山県西粟倉村出身の新田佳浩選手が、金メダルへの決意を語りました。
新田選手らクロスカントリーとスノーボードの日本代表は、8日午前、羽田空港から韓国へ出発しました。
新田選手は、6大会連続のパラリンピック出場です。
その後、一行はピョンチャンの選手村に到着し、9日からの本番に備えました。
新田選手は、14日のクロスカントリースプリントと17日のクラシカルに出場します。