新田佳浩選手に岡山県民栄誉賞

 平昌パラリンピッククロスカントリースキーで、2つのメダルを獲得した岡山県西粟倉村出身の新田佳浩選手に、岡山県民栄誉賞が贈られました。

岡山県の職員らが大きな拍手で出迎えます。
6大会連続でパラリンピックに出場した、新田選手です。
新田選手は、先月行われた平昌パラリンピックのクロスカントリー男子10kmクラシカルに出場しました。
スタート直後、バランスを崩し転倒してしまいます。
それでも、巻き返しを図ろうとする懸命な姿を妻と2人の息子が見守ります。
最後まで力強い滑りを見せ、2大会ぶりの金メダルを獲得。
さらに、スプリントクラシカルでも銀メダルという快挙を成し遂げました。
県民に大きな希望と感動を与えたとして贈られた、岡山県民栄誉賞です。
2010年のバンクーバーパラリンピック以来、2度目の受賞です。
約250人が出席して開かれた、祝う会です。
直接、村民たちに感謝の思いを伝えました。
次のパラリンピックを目指すかはまだ決まっていませんが、新たな目標があるといいます。