綾瀬はるかさん パラカヌー男性を応援

再来年の東京パラリンピックにパラカヌー競技での出場を目指す岡山県吉備中央町の男性を、女優の綾瀬はるかさんが激励しました。

綾瀬さんは、再来年の東京を目指す選手を紹介するコマーシャルの撮影で、吉備中央町のパナソニック吉備を訪れました。
ここで働く山田隼平選手は島根県出身の26歳で、日本障害者カヌー協会の強化育成指定を受けています。
パラカヌーは直線200mのコースでタイムを競うもので、山田選手の映像を、綾瀬さんは食い入るように見つめていました。
また、障害者の働きやすい環境で綾瀬さんが作業する様子も撮影されました。
コマーシャルは、来月末ごろにパナソニックのホームページで公開されます。