高校ラグビー 玉島が2回目の花園へ

全国高校ラグビー岡山県大会の決勝が18日美作市で行なわれ、玉島が2年ぶり2度目の優勝で花園出場を決めました。

試合は前半キックオフ直後に、白と緑のジャージ・倉敷工業がキャプテン北野の突破からスタンドオフの加山大樹が持ち込んでトライ。
ゴールも決めて7点を先制します。
しかしその5分後、グレーと紺のジャージ・玉島はフォワードがゴール前で粘り強く攻めたてフッカーの西井がトライ。
ゴールも決め、7対7の同点に追いつきます。
その後両チーム7点ずつを挙げ、迎えた後半24分、玉島は一瞬の隙をついてウイングの遠山らが倉工陣内に攻め込むと最後はフランカーの永谷がディフェンスを振り切ってトライを挙げ結局これが決勝点。
玉島が21対14で倉敷工業を下し2年ぶり2度目の優勝で花園出場を決めました。
全国大会は来月27日開幕です。