地元のスポーツ選手に岡山市体育協会表彰

今年活躍した岡山県のスポーツ選手の功績をたたえようと岡山市体育協会による表彰式が開かれました。

スポーツの普及を目的に活動を続けている岡山市体育協会が、毎年、全国大会などで活躍した選手や団体を表彰しているものです。
今年は、走り高跳びの国際大会で優勝した環太平洋大学の友利響平選手や、春の全国大会で2連覇を果たした創志学園女子ソフトボール部など9人の選手と4つの団体が選ばれ、表彰状が手渡されました。
また、車いす陸上でパラリンピックに出場した松永仁志さんの講演も行われました。
障害者スポーツを志したきっかけなどが紹介され、参加者は聞き入っていました。