高松北高校 花園へ壮行会

今月27日開幕の全国高校ラグビー大会に香川代表として出場する高松北高校で、壮行会が開かれました。

壮行会には、中学と高校の全校生徒約1000人が集まり、13回目の花園で戦う選手たちを拍手で迎えました。
高松北ラグビー部は、先月4日に行われた、香川県大会の決勝で、観音寺総合を攻守にわたって圧倒し、5年連続となる花園への切符を手にしました。
壮行会では、國木健司校長が「60分間、気合とチームワークで相手を圧倒してください」と激励し、高木涼矢主将が意気込みを述べました。
大会は27日に開幕し、高松北は2日目に岐阜の関商工と対戦します。