都道府県対抗女子駅伝

都道府県対抗の女子駅伝大会が京都市で行われ、岡山は10位、香川は43位でした。

大会は、9つの区間、42.195キロを各都道府県が社会人・高校生・中学生の混成チームで走り競います。
岡山は、昨年、おととしと2年連続で入賞しています。
1区、天満屋の谷本観月から13位でたすきを受け取った2区の同じく天満屋の西脇舞は、8人を抜き去る区間賞の走りで5位まで順位を押し上げます。
その後、中学、高校の選手も懸命の走りを見せますが、徐々に順位を落としていきます。
そして、アンカーの天満屋、三宅紗蘭が2時間19分11秒の10位でフィニッシュ。
一方、香川も43位で、ともに入賞はなりませんでした。