マラソン重友梨佐さん 小学生と交流

2012年のロンドン五輪マラソン代表で備前市出身の重友梨佐さんが、岡山市南区の小学校を訪れ、走り方などを指導しました。

天満屋のエースとして活躍し、世界の舞台も踏んだ重友さんが、子どもたちに速く走る秘訣を直接教えます。
来年開かれる東京五輪に興味を持ってもらおうという岡山市が開きました。
岡山市南区の福浜小学校では、1クラスがインフルエンザで学級閉鎖になったものの、約130人の児童が交流を楽しみました。
子どもたちは、フルマラソンを走る速さで400mを一緒に走り、重友さんのスピードを肌で感じました。
重友さんも、小学生の時に天満屋の選手に憧れたことが、陸上を目指すきっかけとなりました。
走り方を学んだ子どもたちは、来月、この学校の卒業生である人見絹枝さんの記録に挑戦するということです。