地元の誇りをかけて 晴れの国岡山駅伝

中学生から社会人までのランナーが地元の誇りをかけてタスキをつなぐ晴れの国岡山駅伝が岡山市中区で開かれました。

今年で8回目の晴れの国岡山駅伝には過去最多となる22の市と町から27チームが出場しました。
メンバーは中学生から社会人までの男女で高校駅伝の覇者倉敷高校や実業団で活躍する選手も混じり、9区間でたすきをつなぎます。
沿道からは地元の選手に熱い声援が送られました。
西日本豪雨の皆様に元気と勇気を与える走りを今回の晴れの国駅伝でもできるようにチームをまとめてきました。
レースは岡山市北区チームが2回目の優勝を果たしました。