スペシャルオリンピックス出場へ

知的障害がある人のスポーツの世界大会、スペシャルオリンピックスに来月出場する選手が岡山県庁を訪問しました。

訪れたのは、競泳、テニス、バドミントンに出場する岡山県在住の3人の選手です。
スペシャルオリンピックスは、スポーツを通じて知的障害者の社会参加を図る世界大会で、4年に1度開かれています。
選手は、菊池善信副知事から「勇気と感動を与えてほしい」と激励を受けた後、大会での活躍を誓いました。
2005年に岡山県に事務局ができて以来、3人も出場するのは初めてのことです。
世界大会はアラブ首長国連邦で3月14日に開幕し、170の国と地域から7000人が出場します。