岡山リベッツ プレーオフへ

卓球Tリーグ男子の岡山リベッツは21日夜、琉球アスティーダとの試合に勝ってレギュラーシーズン2位以内を確定させ、来月のプレーオフ進出を決めました。

リベッツは、第1マッチのダブルスで上田・森薗の最強ペアが琉球のペアに競り負け、予想外のスタートになりますが、続く第2マッチのシングルスをイム・ジョンフンが取り返し1対1の同点に追いつきます。
第3マッチでは、ダブルスで敗れた森薗が気迫あふれるプレーでフルゲームの接戦を制して逆転に成功すると、最後は、台湾の17歳、リン・ユンジュがストレート勝ち。
琉球をマッチカウント3対1で下し、5連勝でプレーオフ進出を決めました。
リベッツは、来月17日、東京の両国国技館で、初代王者の座をかけ木下マイスター東京とのプレーオフに臨みます。