スイーツマラソンに1500人

スイーツマラソンに1500人

スイーツとマラソンを同時に楽しむランニングイベント、「香川スイーツマラソン」が、3日、高松市で初めて開かれました。
スイーツを求めて、約1500人が集まりました。

午前7時過ぎ、香川県総合運動公園に、次々とスイーツが運びこまれました。
洋菓子、和菓子に加え、フルーツもあります。
たくさんのスイーツがずらりと並ぶのは、マラソンコースに用意された給水所ならぬ、給スイーツ所です。
選手は、1.8kmの周回コースを走りながら、給スイーツ所のスイーツで、疲れた体を癒します。
RSKテレビ60周年記念イベント「香川スイーツマラソン」です。
岡山・香川で初めて開かれるということで、約1500人が集まりました。
ランナーに用意されたのは、80種類のスイーツ、3万個以上。
香川の「名物かまど」からは、地元・坂出の塩を使ったシュークリームです。
洋菓子店「かにわしタルト」からは、讃岐の和三盆をふりかけた、優しい甘さのイチゴです。
スイーツを補給したランナーは、再び走り出します。
走る楽しみと食べる楽しみがひとつになった、新しい形のランニングイベントです。
スイーツと、沿道からの声援を力に、ランナーは、笑顔でゴールしていました。