Tリーグ初代王者の座をかけて

卓球Tリーグの初代王者を決めるプレーオフが17日、東京の両国国技館で行われ、岡山リベッツが木下マイスター東京に挑みました。

5千人を超える観衆が声援を送る中、リベッツは、第1マッチのダブルスで、リーグ最多勝の上田・森薗ペアが競り合いを制し先手を取ります。
しかし、その後のシングルスで吉村とイ・サンスが相次いで敗れ、1対2とあとがなくなります。
第4マッチで、森薗が張本に食らいつき粘りを見せますが、最後は力尽き、岡山リベッツは1対3で東京に敗れて、初代王者の座につくことはできませんでした。
惜しくも優勝を逃した岡山リベッツですが、上田選手と森薗選手がシーズンのベストペアに選ばれています。