特殊詐欺被害防止県民運動 始まる

特殊詐欺被害防止県民運動 始まる

相次ぐ特殊詐欺の根絶に向けて、岡山県と警察、金融機関などが連携した、県民運動が始まりました。

「だまされんのじゃ岡山県」と題した、県民運動の開始式が、県庁で開かれました。
岡山県内では、今年に入っての3か月間で16件、約6000万円の特殊詐欺被害が発生しています。
県民運動ではバレーボール・岡山シーガルズの選手をアンバサダーに委嘱し、広く被害防止を呼びかけるとともに、金融機関などでの水際対策も強化します。
岡山県警では、年金支給日を特殊詐欺の集中警戒日に定め、幅広い年齢層に、被害防止の広報を行うことにしています。