大池選手ら強化指定選手に

大池選手ら強化指定選手に

来年の東京五輪・パラリンピックに向けた、岡山県の今年度の強化指定選手が決まりました。
自転車BMXの大池水杜選手や、卓球の岡山リベッツ勢などが、新たに選ばれています。

岡山県ゆかりの選手をひとりでも多く東京に送り込もうと、県がトレーニングや海外遠征にかかる費用などを補助するものです。
五輪に向けた今年度の強化指定選手は28人で、新たに選ばれたのは、自転車BMXの大池水杜選手や、卓球・岡山リベッツの上田仁選手と森薗政崇選手、それに柔道の環太平洋大学1年、素根輝選手ら11人です。
また、パラリンピックの強化指定選手は8人で、カヌーの山田隼平選手ら4人が、新たに選ばれました。
強化指定選手証の交付式は、6月下旬に行われる予定です。