輝いて キラリンピック始まる

障害のある人が日ごろの練習成果を発揮し競う岡山県障害者スポーツ大会・「輝いてキラリンピック」が始まりました。

スポーツを通じて障害のある人の社会参加を促そうと岡山市や障害者スポーツ協会などが毎年開いているものです。開会式では、代表の選手が宣誓を行いました。12日は陸上競技が行われていて、車いす1500mには、リオパラリンピック銀メダリストの佐藤友祈選手も出場し力強い走りを見せていました。7月まで県内各地で13競技が行われ、成績優秀者は、10月に茨城県で開催される全国大会に出場します。