RSK所属 渋野日向子プロが初優勝

RSK所属 渋野日向子プロが初優勝

岡山市出身でRSK所属の女子プロゴルファー渋野日向子プロが、茨城県で行われたメジャー大会で初優勝をかざりました。

3日目を終え11アンダー首位タイにつけた渋野日向子プロ。
ワールドレディスチャンピオンシップ・サロンパスカップに最終日、最終組でスタートします。
8番ホールではラフからのセカンドをグリーン中央に乗せ、バーディチャンス。
続く9番ホールでもバーディを奪い、13アンダーと単独首位に躍り出ます。
2位と2打差で迎えた最終ホール。
最後まで攻めの姿勢を崩さなかった渋野は、レギュラーツアー初優勝がメジャー制覇と言う快挙を成し遂げました。
大会史上最年少で優勝した渋野プロは、3年間のレギュラーツアーシード権を獲得しています。