平林金属が2年連続4回目の優勝

平林金属が2年連続4回目の優勝

ソフトボールの全日本クラブ男子選手権で、岡山市の平林金属が2年連続4回目の優勝を果たしました。

大会は30日まで山梨県で行なわれ、平林金属は大阪桃次郎との決勝戦で、世界選手権銀メダリストのエース松田が相手に付け入るすきを与えません。
打線も宇根のホームランなどでリードを奪い、5対0で勝利した平林金属が、2年連続4回目の優勝を果たしました。
平林金属は昨年、国内4冠を達成していて、今年は、これが最初のタイトル獲得です。