ソフトボール世界選手権準優勝祝賀会

世界男子ソフトボール選手権大会で、日本代表19年ぶりの銀メダル獲得に貢献した、平林金属の選手・監督の祝賀会が岡山市北区で開かれました。

岡山市北区のホテルで開かれた祝賀会には、平林金属の選手・監督ら6人が出席しました。
今年6月、チェコで開かれた世界男子ソフトボール選手権大会で、日本代表として出場した平林金属の選手らは投打に渡る活躍を見せ、日本の19年ぶりの銀メダル獲得に貢献しました。
祝賀会で岡山県ソフトボール協会の原憲一会長は「次は是非、金メダルを」と選手たちを激励しました。
選手たちには、中学生の全国大会で優勝した新見第一中と岡山エンゼルスの選手から花束が贈呈されました。