シーガルズがバレーボール教室で子供と交流

小学生に岡山シーガルズの選手と交流を深めてもらおうと「子どもバレーボール教室」が赤磐市で開かれました。

今年で7回目となったバレーボール教室は、岡山市に本社を置く山陽マルナカなどが、プロスポーツ選手との交流を通じて街を元気にと開いたものです。
岡山シーガルズの選手が県内の7つのバレーボールチームの小学生約90人に基礎的なトレーニングやトスなどを指導しました。
子どもたちは楽しみながらも、真剣に練習に取り組んでいました。
山陽マルナカは子どもたちの中から世界で活躍する選手が育つよう、今後も支援していきたいとしています。