興譲館高校 森政監督が3月末で退任

全国高校駅伝女子の部で、井原市の興譲館高校を2度の優勝に導いた森政芳寿監督が、3月末で退任することが明らかになりました。

興譲館OBの森政さんは、1999年に監督に就任、全国高校駅伝女子の部では2005年と2010年の2度優勝し、去年まで10年連続で3位以内入賞を果たしました。
ロンドンオリンピックマラソン代表の重友梨佐選手や、先日引退したモスクワ世界陸上代表の新谷仁美さんらは、森政監督の教えを受け世界に羽ばたいた選手です。
また去年と今年は、全国女子駅伝岡山県チームの監督も務めました。
退任後は福岡県にある、実業団チームの監督に就任する予定だということです