被災地に元気を 大相撲倉敷場所

被災地に元気を 大相撲倉敷場所

大相撲の秋巡業倉敷場所が開かれました。
繰り広げられた力士たちの取組に訪れた多くのファンが熱狂していました。
西日本豪雨の被災者を元気づけようと開かれた、大相撲の倉敷場所です。

会場の前では、人気の力士による握手会も行われ、ファンが行列を作っていました。
豪雨の被災地の復興を支援しようと、真備町の小学校から約300人が無料で招待されました。
倉敷場所には、横綱や幕内、十両の力士ら約200人が出場しました。
巡業ならではの力士が唄う相撲甚句や、相撲の禁じ手をコミカルに説明する初切などで会場は沸きました。
その後、幕内力士が土俵入りし、岡山・香川からは小豆島出身の前頭9枚目琴勇輝関が出場しました。
今年7月の名古屋場所で3年ぶりの二桁勝利を挙げ、復活を印象付けました。
23日の取組では押し出しで勝利。
岡山・香川で応援してくれているファンへの思いを語りました。
秋巡業は10月27日まで各地で行われ、11月10日には大相撲九州場所が始まります。